観光スポット

清林寺

  • 歴史
清林寺

【法源山清林寺(ほうげんざんせいりんじ)】浄土真宗 本願寺派

浄土真宗本願寺派(本山:京都本願寺)の寺院で、阿弥陀如来を本尊とする清林寺。
開基したのは真田信繁(幸村)公の家臣であった三井奉膳の二男・三井豊後で、京都西本願寺の准如上人の弟子となり出家得度したのち、寛永11年(1634)に一宇を創立して善久坊と称したといわれています。

その後、万治2年(1659)、本願寺良如人の時に「清林寺」と改称し現在に至っています。
寺紋は真田家の紋所である「六文銭」。
境内には三井氏の墓碑が並び、訪れる人を静かに迎えています。

郵便番号
989-0248
住所
宮城県白石市南町2-8-5
電話番号
0224-24-2660
営業時間
-
定休日
-
ホームページ
真田家遺臣が開基した清林寺ホームページ
備考
-
交通アクセス
JR東北線白石駅より徒歩約13分 JR東北新幹線白石蔵王駅より徒歩約20分