観光スポット

延命寺

  • 歴史
延命寺

【瑞珠山延命寺(ずいしゅざんえんめいじ)】真言宗 智山派

延命寺を訪れて目に飛び込んでくるのは、明治時代の解体で移築された白石城の厩口門(うまやぐちもん)です。
厩曲輪(うまやくるわ)に入る門のことを言いますが、白石城のこの門は、2階に幅の広い格子を設け、その両側と階下に狭間(城壁にあけた、弓矢や鉄砲などを射つための穴)を設けた造り。
北側から迫る敵から本丸を守るために、防備を固めた様子がその構造からもうかがえます。

また、白石地方が上杉領や蒲生領の時代、北方の敵といえば伊達家であり、のちの時代に「厩口門」があったという現在の神明社の参道登り口辺りが「大手門」の役割を果たしていたと伝えられています。
境内には安珍地蔵尊(ころり地蔵尊)があり、駅からも近いことから、訪れる観光客も多い寺院の一つです。

郵便番号
989-0271
住所
宮城県白石市不澄ヶ池68
電話番号
0224-26-3216
営業時間
-
定休日
-
ホームページ
瑞珠山延命寺
備考
-
交通アクセス
JR東北本線白石駅より徒歩約6分