明治後期の商屋を改装した店内でいただく、白石名産の白石温麺を、見て食べて購入もできる「やまぶき亭」

明治後期の商屋を改装した店内でいただく、白石名産の白石温麺を、見て食べて購入もできる「やまぶき亭」

明治後期の商屋を改装した店内でいただく、白石名産の白石温麺を、見て食べて購入もできる「やまぶき亭」

取材記事 食事

JR白石駅から徒歩15分ほど。広々とした駐車場も近隣する「やまぶき亭」では、明治後期の商屋を改装した趣のある店内で、白市名産の絶品白石温麺が食べられます。水からこだわって作るごま、くるみ、しょうゆのたれをつけて、温麺そのままの味を堪能しましょう。また、店内には温麺、こけし、和紙、漬物などの白石の特産品が展示販売されています。白石市内でもおすすめする温麺の有名店です。

JR白石駅から徒歩15分ほど。国道113号線沿いを進むと、水車が目印の趣のある建物が見えてきます。市内でも一際込みあう白石温麺の名店「やまぶき亭」にお邪魔しました。
「やまぶき亭」は、白石市、蔵王町の温麺製造メーカーの組合「奥州白石温麺協同組合」直営のうーめん料理専門店です。
店内には広々とした畳の部屋に、100席を超える席数があります。椅子席になっているので、お年寄りの方も外国人観光客にも嬉しいですよね。国道向かいには市営の無料駐車場もあり、団体ツアーのバスを受入れることも増えたそうです。
部屋の中に鎧甲冑が展示してあるなんて、城下町の白石市ならではですね。
自然光が差す窓際で、早速温麺をいただきましょう。
オーダーしたのは「うーめん三昧」。温麺を「ごま、くるみ、しょうゆ」の3種類のたれで楽しみます。

たれに使用する水は、不忘のブナの森で汲んだ天然水。美味しい水がたれの美味しさを倍増させます。好みは人それぞれですが、個人的にはあっさり食べられるしょうゆ味が好きでした。
温麺を思う存分堪能したあとは、店内にある売店で種類豊富なお土産用の温麺を選びましょう。
組合直営のお店なので、市内のいろいろな製麺所の商品が揃っていて、自分のお気に入りの商品を探すのも楽しいですよ。紅白温麺はおめでたい時の贈り物やバレンタインにもおすすめです。
宮城のゆるキャラが一同に会するキャラクター白石温麺コーナー。ゆるキャラのファンの方、必見です。
カラフルな和柄がかわいい巾着入りの温麺セット。海外の方に喜ばれそうですよね。そのほっか、こけし、和紙、漬物など白石の特産物も展示・販売していますよ。
趣ある店内で、白石温麺を見て食べて買うこともできる「やまぶき亭」。是非訪れてみてください。
住所
白石うーめん やまぶき亭

宮城県白石市城北町6-13
Homepage
LINK

言語選択

ポチ武者こじゅーろうの紹介
みやぎ蔵王観光ナビ

言語選択

ポチ武者こじゅーろうの紹介

ガイドマップ

Access

みやぎ蔵王観光ナビ

pagetop