片倉家武家屋敷

片倉家武家屋敷

片倉家武家屋敷

歴史・文化

260余年の歴史ある古建築。

片倉家中武家屋敷は、260余年の歴史ある古建築。平成3年に母家・門・堀が小関家から白石市へ寄贈されました。そのたたずまいは、農家住宅を素地として、次第に武家住宅として体裁を整えていった興味深い遺構です。
白石城主片倉家の家臣小関家の屋敷で、享保15年(1730)の建築であることが確認されています。平成3年に白石市に母屋、門、塀が寄贈されたのを機に創建当時の姿に復原され、平成5年には宮城県指定文化財となっています。屋敷は白石城の北、沢端川沿いの鬱蒼とした庭木に囲まれた場所に建っています。
宮城県指定文化財の片倉家中武家屋敷は、後小路に佇んでいます。白石城北、三の丸外堀に当たる沢端川に面した町並みで、中級武士の屋敷があったところで、現在も静かな住宅地です。この屋敷は、宝暦十一年(1761年)の白石城下絵図に「小関右衛門七」とあり、鬱蒼とした庭樹でおおわれ、前面、側面を清冽な水流が巡り、景観にも優れたものがあります。平成三年(1991年)に母家・門・塀が小関家から白石市に寄贈されたのを機に全面的修復されました。
郵便番号
989-0252
住所
宮城県白石市西益岡町6-52
電話番号
0224-24-3030
(白石城管理事務所)
営業時間
(4月~10月)9:00~17:00/(11月~3月)9:00~16:00
定休日
12月28日~12月31日
Homepage
www.shiro-f.jp/shiroishijo/residence/index.html
交通アクセス
東北本線白石駅から徒歩10分
予算目安
大人200円・子供100円※白石城・ミュージアム・武家屋敷の共通券は大人600円、小人300円
駐車場
駐車場(普通車15台)

言語選択

ポチ武者こじゅーろうの紹介
白石市の魅せる「春」
みやぎ蔵王観光ナビ

言語選択

ポチ武者こじゅーろうの紹介
白石市の魅せる「春」

ガイドマップ

Access

みやぎ蔵王観光ナビ

pagetop