地元ガイドと歩く、白石まち歩きツアー

地元ガイドと歩く、白石まち歩きツアー

地元ガイドと歩く、白石まち歩きツアー

モデルコース 買い物 食事

地元ガイドと歩く、白石まち歩きツアー

2020年4月から白石まちづくり株式会社によるガイドツアーが本格始動します。
案内人は、白石市のまち歩きガイド養成講座を修了した地域住民・高校生たち。
地元の人々と交流しながら、白石の歴史や知られざる見所、暮らしを感じてみませんか。

---ガイドツアーについて----------------------------------------------
開催日:毎日
開催時間:10:00-12:00
参加料金:お一人様 1.000円(税込)
最低催行人員:2名から
集合場所:壽丸屋敷 ※ツアー開始の10分前にお越しください。
※コース内容は時期や天候によって変更があります。詳細はお問合せください。
※ツアー参加申し込みは、希望日の前々日(2日前)16:00まで受付が必要です。
お問い合わせ・お申し込み先:白石まちづくり株式会社(壽丸屋敷内)☎︎ 0224-25-6054
---------------------------------------------------------------------------------------------

2020年2月、映画「ラストレター」の公開を記念してロケ地となった白石市中心部をまわる「ラストレターでまち歩き」が開催されました。

コース例:白石まち歩き「ラストレターでまち歩き」※2020年2月のみ開催のコース
壽丸屋敷(スタート)→沢端川→武家屋敷→白石城→白石高校旧校舎跡→片倉家屋敷前→舘堀川のこみち→壽丸屋敷(ゴール)

まち歩きのスタート地点は、JR白石駅から徒歩3分、白石城とJR白石駅の中間に位置している「壽丸屋敷」です。
明治時代中期に建てられた土蔵づくりの店蔵と大正時代に建てられた母屋からなる豪商の屋敷で、国の登録有形文化財に指定されています。
コーススポットに向かいながら、いろいろな案内があります。ゆっくり歩いて回るからこそ見える街中の看板や案内板、今もなお残る城下のまちづくりを改めて知ることができます。
「神石白石 (しんせきしろいし)」
古くから伝わる白石の地名の由来となった石。
石の根は、白石市から仙台市泉区の根白石(ねのしろいし)まで繋がっていると言われ、そのことから縁結びのスポットとして人気があります。
「神石白石」縁結び祈願の手引き
①JR白石駅内の観光案内所で、「縁結びのしおり」を購入します。1つ50円(税込)
②「神石白石」へ行き、「縁結びのしおり」に付いている「こより」をこより掛けに結びます。
③「神石白石」の周りを2回廻って、石に祈願します。
■購入場所・お問い合わせ
白石市観光案内所(東北本線白石駅構内)
電話:0224-26-2042
運営時間:9:00-17:30
「沢端川(さわばたがわ)」と「ふれi(あい)デッキ」
沢端川のいきいきプラザ付近にある展望デッキ「ふれi(あい)デッキ」からは、川に生息する動植物を観察することができます。沢端川は、かつて白石城を囲む三の丸外堀の役割を果たしていた歴史ある清流です。春には川沿いに桜が咲き、夏には白い小さな花を咲かせる水中花『梅花藻』が見所となっています。




*映画「ラストレター」撮影スポット
・「ふれi(あい)デッキ」は鏡史郎が母校を尋ねるシーンで使われ、バス停が設置されました。
・「沢端川」は、高校時代の裕里と鏡史郎が部活動で生物を採取するシーンで使われました。
「武家屋敷」
白石城主片倉家 家臣の小関家の屋敷で260余年の歴史ある古建築として宮城県指定文化財になっています。

*映画「ラストレター」撮影スポット
・武家屋敷前の沢端川沿いは、裕里が自転車で通りかかった姉・未咲を鏡史郎に紹介するシーンで使われました。
「白石城」
 伊達家の重臣・片倉氏のかつての居城。

*映画「ラストレター」撮影スポット
映画のオープニングシーンにも登場する白石市のシンボルで、ドローンを使って上空から城が撮影されました。
白石高校旧校舎跡地 ※現在は校舎解体のため更地になっています。
*映画「ラストレター」撮影スポット
裕里や鏡史郎が高校時代の思い出を巡るシーン、鮎美と颯香が犬の散歩や花火をするシーンで使われました。
館堀川のこみち・丁字路
*映画「ラストレター」撮影スポット
鮎美と颯香が遠野家を訪れた鏡史郎を見送るシーンで使われました。

ご近所の民家の御厚意で、記念撮影用のビニール傘を2本用意してくださっています。
地域の温かいおもてなしを感じられました。

お立ち寄りスポットその1 
「白石温麺」株式会社きちみ製麺
約400年の伝統を受け継ぐ宮城・白石の特産品「白石温麺」
きちみ製麺では、映画「ラストレター」の上映を記念して、数量限定のコラボ温麺を発売しました。温麺のラベルは、映画のキャッチコピー「君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?」をもじり、「これが宮城の名産麺って言ったら信じますか?」として作られました。他、多数キャラクターとのコラボ温麺も発売中。
(数量限定)ラストレター×白石温麺 2束入 292円(税込)
※きちみ製麺HP-白石温麺について(備考欄LINK)
お立ち寄りスポットその2
功徳山当信寺(くどくさんとうしんじ)
阿弥陀如来(市指定文化財)を本尊とする浄土宗の寺。
境内には、元和元年(1615)の大坂夏の陣の際、大坂方の真田信繁(幸村)公が知勇兼備の将と見込んだ二代片倉小十郎重長(しげなが)公に託したと伝えられる4児のうち、阿梅姫(おうめひめ)と大八(のちの片倉四郎兵衛守信)の墓があります。阿梅姫の墓石の形が歯痛のため頬を押さえている様に見えることから、この墓石を削って飲むと効くとの迷信も生まれました。
※当信寺について(備考欄LINK)
約2時間のまち歩きはいかがだったでしょうか。初めて白石を訪れる方のみらず、いつもは車で通るという地元の方にも、白石の魅力を発見できる「まち歩きツアー」になっています。この機会に車を降りて、ゆっくりと白石のまちを歩いてみませんか?季節の移ろいと共に何度も参加したいと思える魅力的なコースを準備してお待ちしています。
【2020年4月から開催予定の「まち歩き」コース例】
※各コース内容は天候等により、一部変更したり、中止することがあります。詳細はお問い合わせください。

①通年コース・・・「小十郎と幸村の縁」歴史ロマンコース
②季節限定コース・・・「桜咲く城と水辺の妖精 梅花藻」コース
※季節限定コースは、開花時期などによって内容の変更があります。詳細はお問合せください。
【歩いて行ける!おすすめグルメスポット4選】
まち歩きが終わったら、地元民が勧める白石の名物を味わってみませんか。
1.つりがね印 手延 白石温麺 味見処 「光庵」
おすすめメニュー
「三味うーめん」900円(税込)
手延べうーめんの美味しさ、白石温麺のすばらしさを最大限に味わえる一品。たれは、くるみ・ごま・つゆの3種。

住所:〒989-0275 宮城県白石市字本町46
電話:0224-26-2565
営業時間:11:00-14:15
定休日:木曜日・第3金曜日
駐車場あり(きちみ製麺売店前)
2.都屋本店
白石の鰻屋といえば駅前「都屋」として創業明治18年以来、地域で愛されるお店。
昭和初期から受け継ぐ秘伝の鰻だれを使った「うな重」はもちろん、そのタレを使って作られる「カツ丼」も絶品。
・上うな重 3,150円(税別)・カツ丼 800円(税別)

住所:〒989-0243 宮城県白石市字沢目8−5
電話:0224-26-2435
営業時間:11:00-19:00
定休日:不定休
駐車場あり
3.スズキミート
地元で愛されるまちのお肉やさん。
話題の「BIgフライドチキン」は遠方からわざわざ買いに来る人もいるほど大人気です。
Bigフライドチキン 100円(税込)

住所:〒989-0242 宮城県白石市字柳町1
電話:0224-26-2555
営業時間:9:00-18:00
定休日:水曜日
4.甘味堂くさかもちや
材料にこだわり、すべてお店で丁寧に手作りされた「あん」と「おもち」
おすすめは、「おしるこ」680円(税別)
注文を受けてから焼く「お餅」のお焦げが食欲をそそり、更におこわ・塩昆布・お漬物・ゆべし、鉄瓶で入れたお茶も付く満腹の一品です。

住所:〒989-0272 宮城県白石市清水小路48-4
電話:0224-26-2508
営業時間:【和菓子販売】9:00-17:00【茶屋】11:00-16:00
定休日:月曜日 ※季節により不定休あり
店内に飲食スペースあり
駐車場あり
※日下食品HP(備考欄LINK)
予約
まち歩きツアーのお申し込みは、希望日の前々日(2日前)16:00までお電話にてお申し込みください。
白石まちづくり株式会社 連絡先 0224-25-6054
※白石まちづくり(株)は壽丸屋敷内にあります。
郵便番号
989-0273
住所
宮城県白石市中町48-5
電話番号
0224-25-6054
営業時間
9時30分~16時30分
定休日
年末年始
Homepage
LINK
駐車場
※公共駐車場の「城下広場」をご利用ください。
交通アクセス
JR東北本線白石駅より徒歩約3分
備考
株式会社きちみ製麺 LINK つりがね印 自家製手延 白石温麺 味見処 光庵 ※しろいし観光ナビ掲載記事 LINK
備考
功徳山当信寺(くどくさんとうしんじ)※しろいし観光ナビ掲載記事 LINK
備考
日下食品直営「甘味堂くさかもちや」 LINK

言語選択

ポチ武者こじゅーろうの紹介
白石市の魅せる「春」
みやぎ蔵王観光ナビ

言語選択

ポチ武者こじゅーろうの紹介
白石市の魅せる「春」

ガイドマップ

Access

みやぎ蔵王観光ナビ

pagetop